オーブンで作る タンドリーチキン

みなさんこんにちは。ドゥイノンボルです。

今日は鶏肉が大きければ大きいほど盛り上がること間違いなし、タンドリーチキンのレシピを紹介します。

一番右側にいるのがタンドリーチキンです。

ここは日本で、家にはタンドールとか無いんでオーブン使います。オーブン無かったらグリルでもOK。大切なのは使う道具よりもしっかり火を通すこと。

本当は炭火で焼いたら最高に美味しいです。だけどヨーグルト使うこと考えたら遠出は難しい……。憧れの庭付き一戸建てが手に入ったら思う存分作りたいです。


仕込みを始めましょう。本日の材料はこちら。

若鶏手羽元           18本(1100g)

ヨーグルト           300g

チリパウダー           8g

パプリカパウダー          10g

クミン              3g

ガラムマサラ          2.5g

カレー粉             6g

塩               適量

すりおろしショウガ        5g

すりおろしにんにく        3g

レモン果汁           3~4滴

ヨーグルトは無糖タイプを使いました。加糖ヨーグルトでも作ったことはありますが、私の舌では違いが分かりませんでした。繊細な味覚とダイエットの必要性が無いのであれば、お好きなヨーグルトを使ってください。

それから、お店で食べられる真っ赤なタンドリーチキンには色付け用の材料が別に必要です。パプリカ増量してもあの色にはなりません。

作業はとっても簡単。ジップロックを用意して、鶏肉以外の材料を全部入れます。

袋の中で混ぜたら味見をしてみましょう。カレー味がしたら正解です。

味が物足りなければ塩を追加してみてください。それでもダメならカレー粉で。

調整が終わったら鶏肉を入れてよーく混ぜてください。袋の外側から揉むと簡単です。

良く混ざったら袋を密封して冷蔵庫で1晩寝かせます。「美味しくなあれ」と願いをかけるのを忘れずに。

さて、いよいよ加熱です。ソースがたっぷりと付いた鶏肉をクッキングシートの上に置きます。

クッキングシート使わずに焼くと……余分なものが下に落ちて……焦げ付いて……後片付けが大変なことになりました。

 

加熱時間は機種によって異なるので何とも言えないのですが、

180℃で20分、余熱段階から入れっぱなし

私は毎回これで作ってます。要は火が通ればいいんです。

ある程度加熱したら1つ試しに切ってみて、足りなければ再加熱。安全第一。

食べやすい料理なので何本でもいけると思います。ぜひ大量に作ってみてください。

 

スポンサーリンク