シフト代わって!

shift change করতে পারবেন

(シフト チェンジ コルテ パルベン)


みなさんこんにちは。ドゥイノンボルです。

バイトしていると、どーしても外せない用事で行けなくなることありますよね?

今日はそんな時に使える「シフト代わって!」を紹介します。

shift change করতে পারবেন (シフト チェンジ コルテ パルベン)

シフトもチェンジも英語じゃん。そう思った人へ向けての言い訳を。

 

お互いに共通認識が出来上がっているものについては無理してベンガル語に訳さない方が通じます。

 

同じ職場の人同士なら「シフト チェンジ」が何を意味するかは明確ですよね?

正しい言い方は他にもあるかもしれませんが、確実なのはこれだと思います。

 

それにしても「シフト」を無理矢理日本語で言うとしたら何て言うんでしょうね……。

多分言われてもすぐには反応できないかも。


<ベンガル語 使用例>

A(//∇//) আগামি রবিবার কি সময়ে আছেন?

B (๑•̀ㅂ•́)و✧ আছে। কেন?

A (ૢ˃ꌂ˂⁎) সত্যিই?তাহলে আমার সাথে shift change করতে পারবেন?

B ( ᵒ̴̶̷᷄ д ᵒ̴̶̷᷅ ) Oh……

A (*’∀’人) ধন্যবাদ!

 

A(//∇//) (アガミ ロビバル キー シュモエ アチェン?)

B (๑•̀ㅂ•́)و✧ (アチェ。ケノ?)

A (ૢ˃ꌂ˂⁎)  (ショッティ? タホレ アマシャテ シフト チェンジ コルテ パルベン)

B ( ᵒ̴̶̷᷄ д ᵒ̴̶̷᷅ ) (Oh……)

A (*’∀’人) (ドノバット!)

 

A(//∇//) 「今度の日曜日って時間ある?」

B (๑•̀ㅂ•́)و✧ 「あるよ。なんで?」

A (ૢ˃ꌂ˂⁎)  「本当? じゃあシフト代わって!」

B ( ᵒ̴̶̷᷄ д ᵒ̴̶̷᷅ ) 「Oh……」

A (*’∀’人) 「ありがとう!」


例文をそのまま試す場合、上手くいくかどうかはあなたの演技力次第です。

もしも成功したら、最後のধন্যবাদ (ドノバット)だけは忘れないようにお願いします。

 

スポンサーリンク