定番中の定番! スパイスで作るチキンカレー

みなさんこんにちは。ドゥイノンボルです。

今日は我が家の定番、チキンカレーを紹介します。

注意

このレシピは特にこだわりの無い私が日本で手に入る材料で作ったものです。ご理解いただき、大らかな気持ちで読んでください。

用意する材料

とり肉      750g

トマト        60g

玉ねぎ      130g

 

クミン        20g

ターメリック     15g

コリアンダー     10g

チリパウダー     10g

ガラムマサラ     15g

 

ショウガ       10g

にんにく       10g

塩         好きなだけ

オリーブオイル   好きなだけ

 

カルダモン     5粒くらい

クローブ      5粒くらい

 

まず、野菜をみじん切りにします。

トマトは半分くらいで、玉ねぎは2個使いました。

そして特売で手に入れた鶏肉を一口大に切ります。

本日登場するメンバーたちがこちら。

生姜とニンニクはすりおろすの面倒だったらチューブでいいです。作ろうとする意志が折れる前に妥協できるところは妥協。

鍋にオリーブオイル、カルダモン、クローブを入れていい香りがするまで熱します。

カルダモンとクローブは匂い担当なので盛り付けや食べる時に出会ったら取り除いてください。

ウッカリ噛んだら「イーーーッ!!」ってなります。私はなりました。

次にみじん切りした玉ねぎを炒めます。どうでもいいですが、木べらの年季の入り方やばいですね。新しいの欲しいです。

玉ねぎに火が通ったらスパイスと肉を入れて焦がさないように炒めます。

忘れないうちにニンニクとショウガも入れました。

最後にトマトを加えて、混ぜたら水を入れます。

ひと煮立ちさせるとカレーになります。味見をして、お好みの塩加減に調節してください。

なんやかんやで味が決まらないことはよくあります。でも安易な自己判断でスパイスを加えると最悪廃棄する羽目に……。成功しても舌触りがザラザラして美味しさ半減なんてことも。

私はリカバリーする時はエスビーのカレー粉を使っています。比較的溶けやすいですし、カレーが好きな日本人が拒否する仕上がりになることはまずありません。

冷めた時に浮いてくる油の量にドン引きしたら掬い取って無かったことにしましょう。これで胃腸の弱い人も安心。

食べるときは普通の日本のお米でも十分おいしいのですが、ジャスミン米もカレーとの相性抜群です。炊いている時は良い匂いがして、食べるときには料理の味を邪魔しないので、我が家ではこちらの商品を使っています。


MFD2017.04イ産 プレミアム ジャスミン米5kg 長粒種の香り米!世界の高級品

最高の一品ができたら、ぜひ手で食べる方法にもチャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク